ドイツのデザイン 日本の技
......................................................................................................................................................................................................................
Teehaus project   Frankfurt am Main

Teehaus project Frankfurt am Main

茶室プロジェクト 2007 フランクフルト、ミュージーアムパーク

Architekt 建築家:Kengo Kuma   隈研吾

Projekt Directer プロジェクトディレクター:Ulrich Schneider (Museum  für Angewandte Kunst Frankfurt am Main)

Curator キュレーション: Miki Shimokawa

Teehaus project   Frankfurt am Main

Teehaus project Frankfurt am Main

茶室プロジェクト 2007 フランクフルト、ミュージーアムパーク

Architekt 建築家:Kengo Kuma   隈研吾

Projekt Directer プロジェクトディレクター:Ulrich Schneider (Museum  für Angewandte Kunst Frankfurt am Main)

Curator キュレーション: Miki Shimokawa

バウハウス100ー ユニバーサルデザインの小さな家アワード

バウハウス100ー ユニバーサルデザインの小さな家アワード

ユニバーサルデザインの小さな家アワードはバウハウス100年を記念するイベントの一つです。

バウハウスは、1919年にドイツ、ワイマールで設立された学校から始まります。

バウハウス学校では、工芸・デザイン・美術や建築に関する総合的な教育が行われ、芸術と技術の融合を目指しました。

その後ナチスにより迫害を受けましたが、教授たちは外国に亡命し、世界中にバウハウスの哲学を

継承させたことは、言うまでもありません。

今回は、バウハウス大学(ドイツ、ワイマール)のウルフガング・ザットラー教授を審査委員長にお迎えし、

バウハウス学校設立の地、ドイツ、ワイマールでアワードの審査が行われます。

主催者のドイツ、ユニバーサルデザインインステチュートは、ユニバーサルデザインという見地で、

健常者、身障者、老若男女、誰にとっても使いやすく、現代の先進技術を駆使した優れた製品を

奨励していく目的で設立された公益団体です。

今回の小さな家の公募展に関しても、誰にとっても心地よく使えるユニバーサルデザインの家

であることが重視されています。

ドイツでは、19世紀頃から、都会に住む人たちが休日の憩いのために、

家からあまり離れていない郊外に、庭のついた小さな家を持ちました。

その小さな家のことをシュレーバーガルテンといい、そこでは、数十件から数百件の小さな家が集まり、

一つのコミューンを作りました。

そして、そこに週末住む人たちは、住民間での規則を作り、秩序を守り、自然と触れ合いながら

休日を楽しみました。

工業化が進んだ今世紀に入ってからは、 益々その必要性を問われ、現在では、

ドイツ国内や北ヨーロッパを中心にたくさんのシュレーバーガルテンの自治体が形成されています。

このドイツのシュレーバーガルテンのコンセプトは、都会の庭のない家で暮らす人々が安らげる

休日の家です。

そのため、シュレーバーガルテンは、都会の近くにあり、仕事で疲れた人たちが週末

出かけて行きやすい場所にあります。

そこで人々は、自宅と同じようにリラックスし、庭のガーデニングなど、自然と触れ合うことでで心を

リフレッシュするのです。

2018年の秋、バウハウス100年祭の前年にノイフェルトbox

というノイフェルト財団の建物でこの公募展の審査がおこなわれます。

そして、そこで優秀作品20点が選ばれて、展示されます。

バウハウス大学で学んだエルンスト⋅ノイフェルトは、建築モデュールという概念を世界で初めて、

一つの書籍にまとめた、バウハウスともゆかりが深いドイツの建築家です。

彼の本は、世界中で訳され、戦後の建築家のバイブルとも称されました。

日本でも建築設計大辞典として長い間発売されていました。

ユニバーサルデザインで、地球に優しい配慮があり、最新の技術を備えた小さな家は、

災害後の一時的な住居や高齢者や核家族の住居、狭い土地に建つ住居としても、

今後世界的に益々需要が増していくに違いがありません。

皆様の新しい発想のユニバーサルデザインの小さな家の応募をお待ちしています。

Teehaus project Frankfurt am Main

茶室プロジェクト 2007 フランクフルト、ミュージーアムパーク

Architekt 建築家:Kengo Kuma   隈研吾

Projekt Directer プロジェクトディレクター:Ulrich Schneider (Museum  für Angewandte Kunst Frankfurt am Main)

Curator キュレーション: Miki Shimokawa

Teehaus project Frankfurt am Main

茶室プロジェクト 2007 フランクフルト、ミュージーアムパーク

Architekt 建築家:Kengo Kuma   隈研吾

Projekt Directer プロジェクトディレクター:Ulrich Schneider (Museum  für Angewandte Kunst Frankfurt am Main)

Curator キュレーション: Miki Shimokawa

バウハウス100ー ユニバーサルデザインの小さな家アワード

ユニバーサルデザインの小さな家アワードはバウハウス100年を記念するイベントの一つです。

バウハウスは、1919年にドイツ、ワイマールで設立された学校から始まります。

バウハウス学校では、工芸・デザイン・美術や建築に関する総合的な教育が行われ、芸術と技術の融合を目指しました。

その後ナチスにより迫害を受けましたが、教授たちは外国に亡命し、世界中にバウハウスの哲学を

継承させたことは、言うまでもありません。

今回は、バウハウス大学(ドイツ、ワイマール)のウルフガング・ザットラー教授を審査委員長にお迎えし、

バウハウス学校設立の地、ドイツ、ワイマールでアワードの審査が行われます。

主催者のドイツ、ユニバーサルデザインインステチュートは、ユニバーサルデザインという見地で、

健常者、身障者、老若男女、誰にとっても使いやすく、現代の先進技術を駆使した優れた製品を

奨励していく目的で設立された公益団体です。

今回の小さな家の公募展に関しても、誰にとっても心地よく使えるユニバーサルデザインの家

であることが重視されています。

ドイツでは、19世紀頃から、都会に住む人たちが休日の憩いのために、

家からあまり離れていない郊外に、庭のついた小さな家を持ちました。

その小さな家のことをシュレーバーガルテンといい、そこでは、数十件から数百件の小さな家が集まり、

一つのコミューンを作りました。

そして、そこに週末住む人たちは、住民間での規則を作り、秩序を守り、自然と触れ合いながら

休日を楽しみました。

工業化が進んだ今世紀に入ってからは、 益々その必要性を問われ、現在では、

ドイツ国内や北ヨーロッパを中心にたくさんのシュレーバーガルテンの自治体が形成されています。

このドイツのシュレーバーガルテンのコンセプトは、都会の庭のない家で暮らす人々が安らげる

休日の家です。

そのため、シュレーバーガルテンは、都会の近くにあり、仕事で疲れた人たちが週末

出かけて行きやすい場所にあります。

そこで人々は、自宅と同じようにリラックスし、庭のガーデニングなど、自然と触れ合うことでで心を

リフレッシュするのです。

2018年の秋、バウハウス100年祭の前年にノイフェルトbox

というノイフェルト財団の建物でこの公募展の審査がおこなわれます。

そして、そこで優秀作品20点が選ばれて、展示されます。

バウハウス大学で学んだエルンスト⋅ノイフェルトは、建築モデュールという概念を世界で初めて、

一つの書籍にまとめた、バウハウスともゆかりが深いドイツの建築家です。

彼の本は、世界中で訳され、戦後の建築家のバイブルとも称されました。

日本でも建築設計大辞典として長い間発売されていました。

ユニバーサルデザインで、地球に優しい配慮があり、最新の技術を備えた小さな家は、

災害後の一時的な住居や高齢者や核家族の住居、狭い土地に建つ住居としても、

今後世界的に益々需要が増していくに違いがありません。

皆様の新しい発想のユニバーサルデザインの小さな家の応募をお待ちしています。

Teehaus project   Frankfurt am Main
Teehaus project   Frankfurt am Main
バウハウス100ー ユニバーサルデザインの小さな家アワード